インプラント後のメンテナンス

インプラント長持ち

永久歯

インプラントの持ちはどれくらい

せっかく高い費用を支払ってインプラント治療をしても、すぐにダメになってしまったというのでは、費用も治療した時間ももったいないですよね。実際、この治療方法の持ちはどれくらいなのでしょうか。これには、今現在では「10年以上は問題無く使用できる」という結果が報告されています。しかし、インプラント治療は治療後に定期的なメンテナンスが必要不可欠な治療方法です。治療後に「もう行かなくていいや」と放っておくと、10年も持たないという可能性もあるのです。治療後は、医師の指示に従い定期的に歯科へ通い、治療した後の歯をできるだけ長持ちさせるように注意しましょう。

持ちは医師の腕にもよります

近年身近な歯科治療と捉えられるようになってきたインプラント、事故などで大切な永久歯を失ってしまった時、自分の歯と変わらない見た目で、機能性にも優れているということから、入れ歯やブリッジよりも高い費用はかかりますが、治療を希望される患者さんも多く、今ではどんな歯医者でも取り扱っている診療科目です。しかしながらこの治療は、繊細な外科手術も伴うものなので、仕上がりや持ちには、医師の技術力が大きく影響するといわれています。それと同時に、インプラントを長持ちさせるためには、定期的なメンテナンスは必要なので、検診は怠らないようにしましょう。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントの治療費の目安. All rights reserved.