インプラントに詳しくなるお話

インプラントと保険

永久歯

インプラントの保険適用は

インプラントとは、歯茎に人工歯根を埋め込み、その上にセラミックや金属の歯を装着する治療法です。同じ義歯に入れ歯やブリッジがありますが、見た目に自然で食事の際に違和感がなく、周囲の歯に負担を与えないなど、自分の歯のように生活できるのが特徴です。インプラントは保険適用されない自費診療の治療法なため、治療費は高額になりがちです。ですが医療費控除の対象になるため、支払った金額の合計が10万円を超えた場合は一部の医療費が還付されます。また、65歳以上を対象とした老人医療費助成制度を利用すれば、負担を軽減する事ができます。

条件を満たして保険適用

私たちの最も大切とされる歯は、一生自分のもので使っていきたいわけですが何らかの形で破損する場合があります。それでも現在ではインプラントの技術が進み、歯科でもいままで自由診療だったのが近年保険適用がきくようになりました。とても自然に、自分の歯同様に装着できるとして利用できるわけです。すべてに保険がきくというわけではありませんが、条件を満たすことでインプラントの保険対象となることでずいぶんと助かるようになったのです。それであれば歯がなくて不自由とされる思いをせずにすみ、今まで通り楽しく食事ができるというわけです。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントの治療費の目安. All rights reserved.